香川一福 矢場町店オープン

f:id:eleking:20191011172326j:image

讃岐うどんの香川一福が大須に店を出した。

大須というかまあ矢場町だね。
カツのせ中華そばで長年人気だった河正の跡地である。

矢場とん大津通を挟んだほぼ向かいと言った方がわかる向きもあるかもしれない。

この香川一福の東京神田本店はミシュランビブグルマンを2017、2018、2019年と3年連続受賞しているという。うどん店では数少ないことは確か。

名古屋では、昨年ららぽーと名古屋みなとアクルスが出来た時にフードコートに登場して少し話題になった。

そちらでは未だ食べていないが、単独店として職場の近場に出来るというので気になっていた。

オープン日は10月1日だったが、その週はなにかとバタバタしていたので今週改めて思い出して行ってみた。

f:id:eleking:20191011172406j:image

店頭にはまだ祝花の蘭が飾られている。いくら祝花はどんどん持っていってしまう名古屋人でも蘭までは持ち去らないか。

入口脇には製麺室があり、ガラス張りで通りから見えるようになっている。

f:id:eleking:20191011165552j:image

昼時だし混んでるかなあと思って覗くと果たして入口が数人渋滞している。

でもよく見るとタッチ式パネルの券売機に戸惑っている客が固まっているだけで、空席はちらほら。

安心して券売機の列に並ぶ。落ち着いてみればそんなにわかりにくいタッチパネルじゃないのだが、苦手な人は苦手だろうね。

最初なので、かけにおあげをつけてきつねうどんにしたものとげそ天を選択。

かけは大・中・小、温・冷・そのままのそれぞれ三通りが選べる。

量は中にして、あつかけ、ひやかけはわかるものの、そのままとはなんぞやと説明を読むと、温かい汁に水で締めたうどんをそのまま、とあるので、要するにさぬきうどんの世界で言うところのひやあつであるようだ。

それならば、ということでそのままをチョイス。

店内は奥に広く、カウンター中心のレイアウトで30席以上はあって収納力はなかなか。

f:id:eleking:20191011165802j:image

オープンキッチンで、かつ南側の清浄寺への参道が眺められる窓が大きく開けられており開放的な感じ。

f:id:eleking:20191011170105j:image

チケットを店員に渡して、席に座れば出来たものを運んでくれるのでセルフ方式ではなくフルサービスということなのだろう。

少し待って注文が運ばれてきた。

f:id:eleking:20191011165943j:imagef:id:eleking:20191011165952j:image

げそ天は揚げたてのアツアツ。ボリュームもしっかりあって値段に比して納得。

うどんの方は.......、ぬるっ!
え、ひやあつってこういう感じだっけ?
麺は冷えてて汁は熱いんだからまあぬるくはなるだろうけどもこういう感じのぬるさだっけ、と言いたくなるような中途半端なぬるさ。

つゆはいりこ中心なのかな、まああっさり美味しい。あげも大判で味が染みておりマル。

麺は、うーん、よくわからんなあ。コシがあるようなそうでもないような。

思いがけぬぬるさになんだか釈然としないまま食べ終わる。

本場でのさぬきうどん経験もないため、その辺は自分の中でもモヤモヤしている。

とはいえ、げそ天も良かったし全体的には美味しいとはいえるので、別メニューを確かめようという気にはなった。

なによりあまり待たされない感じだったのも良かった。

釈然としない感じを解消したくて、翌日も訪問。自分としては珍しい行動。

今度は肉うどんの中と天ぷらは鶏天をチョイス。

肉うどんはさすがに熱かろうという目論みだ。

たっぷりの甘辛く味付けされた牛肉と玉葱がのり、さらにかつお節が散らされている。

f:id:eleking:20191011170035j:image

期待をこめて啜ってみると.......、ぬるー。

ま、昨日ほどではないものの少なくとも熱々ではない。

つゆはこういう感じなのね。となるとあえてのってことかね。出汁感を感じさせる温度とかなの?

個人的にはもうちょっとちゃんと熱くしてくれた方がいいなあ。

味は、美味しい。

ただ、麺はやっぱりいまひとつ釈然としない。食感が微妙。冷たいうどんで確かめるべきかもしれぬ。

鶏天は腿肉使用でボリュームもそこそこあって悪くない。

あとは値段、かな。

この肉うどん中と鶏天で1000円弱のお支払い。

この店を300mほど南に下ると丸亀製麺があるが、もうちょっとお値打ちに頂ける筈。
といっても同じメニューで比べてみると100~150円の差ぐらいかも。
それぐらいであれば妥当のような気がしないでもない。

職場に比較的近いので、もう少し通ってその差を実感してみたい。

日常を邪魔してくる物

日常を邪魔してくる物、それは「ゲーム」である。

学生時代の後半はこれで棒に振ったと言っても過言でないワタシとしても近年は殆どノータッチで過ごしていた。

スマホの時代になって軽いゲームをやる時もあった。パズドラなんかは結構長い間やってたけどももうここ2年ぐらいは手をつけていない。

スマホゲームで始末に悪いのは、手すき時間にすぐやれるということである。

手すき時間が手すき時間にとどまらなくなる辺りから奴らは日常に侵食してくる。

今はマリオカートツアーである。

1レース1レースはすぐ始められてすぐ終わる。

が、やり込み始めると1レースが1レースで収まらなくなる。

うまくスコアが上げられなくて熱くなると何度もハイスコアをクリアできるまで繰り返すハメになる。

すぐ始められてすぐ終わるということは、簡単に何度も繰り返せるということになり、無間地獄に陥りがちだ。

ポケモンGOにはあまりはまらずに済んだ。移動ゲームにそれほど魅力を感じないのかもしれない。

ドラクエウォークも面白そうなんだが、同じ理由であまりはまっていない。

面白そうなのに悔しい、ということで今まで手をつけていなかった「星のドラゴンクエスト」をダウンロードしてやり始めたら止まらなくなった。

確か出始めの頃、少しやりかけたような記憶もあるんだが、あまりピンとこなくて続けなかった。

その頃とはかなりシステムその他進化しているようでやり込みがいがある。

秋は面白そうな本が矢継ぎ早に出ており、既に何冊か積んでいるんだが、消化が遅くなりそうだ。

『究極』と『Walker』

ラーメン本(MOOK)が出そろう季節である。

名古屋も例年通り、9月にぴあ『究極のラーメン 2020 東海版』そして10月にウォーカー『ラーメンWalker東海2020』が発売された。

ファンにとってはそれぞれ工夫が凝らされた誌面をパラパラめくりながら、あーでもないこーでもないとブツブツ呟いたり、お気に入りのラーメンの写真やまだ見ぬ限定麺の情報にニヤニヤしたりと、なにかと忙しい。

二誌はライバル関係にありながら共存しており、2月の名古屋ラーメンまつりでも競いあったりしているが、どちらが売れてるとかは正直わからないし、ラヲタは両方買うだろうが一般にはどちらがウケてるのかもわからない。

『究極』の目玉は、ブロガーやインスタグラマーを中心とした選考委員が選ぶ「究極のラーメンAWARD」であろう。

誌面でもトップに扱われ、かなりのページがさかれているし、なにより表紙の写真に使われるなどその年の一位を取ることはかなり大きな意味合いがある。

一方、『Walker』にも「グランプリ」を選ぶ企画があり、読者と百麺人と呼ばれる全国の恣意的に選ばれたラーメン好きの投票によって選ばれるようだ。

こちらはあまり目立たない誌面構成となっており、愛知・岐阜・三重それぞれで3位までが取り上げられており、さらに同じ大きさで新店もそれぞれ3つ選ばれており「今年はこの一軒」という感じは『究極』よりも薄い。

ちなみに今年の「究極のラーメンAWARD」は白流@瑞穂で、「グランプリ」は愛知は飛鶏@春日井、岐阜はイロドリ@細畑、三重はそにどり@四日市である。

それぞれのランキングは個人的には一長一短といった感じを受けており、ざっくりいえば『究極』はマニア寄りで『Walker』は一般寄りということになるのだが、では『Walker』のグランプリはマニア受けしない店かというとそういうことでもない。

どちらもちゃんと美味しい店が選ばれているのだけども、『究極』の方がやや偏っているかも、と思うのは自分が『究極』に関わっていた時期もあって多少裏側を知っているからかもしれない。

そんなことより実は個人的に気になっているのは「殿堂店」の存在である。

『究極』の場合は一度でもAWARDを取ると、次の年からはランキング候補外となる。『Walker』の場合はもう少し厳しくて2年連続一位または4年連続3位以内ということらしい。

同じ店が何度も選ばれることを興ざめと見る向きもあるかもしれないが、この仕組みはあまり個人的には面白くない。

関東シーンにおける『TRYラーメン大賞』においてはあのとみ田@松戸ですら四連覇しないと殿堂入りにならなかったのだ。

一回頂点に立っただけで殿堂入りというのはそれだけでも違和感あるし、名店同士の切磋琢磨を阻害することにしかならないのではと思ったりする。

まあ、殿堂入り店には両誌とも手厚い扱い(?)が毎年されているのだが(雑誌企画の限定の開発と提供)、いいように扱われているという見方もできる。皮肉な言い方をすれば、うっかりAWARDやグランプリを取ってしまうと、その雑誌にこき使われる、と。

もちろん集客という意味での見返りは確実にあるだろうから、イーブンなのかもしれないけど。

ラーメンWalker東海2020 ラーメンウォーカームック
 

 

 

ニガミ17才 / ただし、BGM

サブスクリプションの世の中になって、こと音楽に関しては今のところApple Musicのお世話になっている。昨年末ぐらいからかな。

サービスが始まった当初は好きな音源は個人的に大量に電子的コレクションしてあったので、それほどなあと思っていたのだけど、新譜が大量にUPされるようになって俄然有り難みを増した。

ジャケ買いならぬジャケ聴きが気軽にできるので、聴く音楽の幅がさらにひろがったというのもある。

King Gnuとかも完全にジャケ聴きで偶然聴いてハマった口である。

その他、近年疎かになっていた邦楽新譜周りをある程度追っかけられるようになったのが利点。

で、お気に入りをたまに紹介していこうかなあ、と思っているのだが、今日勧めようと思っていた曲とは別のものに、さきほど『HEY! HEY! HEY! NEO!』の録画を観てたら出くわしてしまったので、そちらを紹介。

ニガミ17才

ちょっと水曜日のカンパネラっぽいような気がしないでもないけど、なかなかピキピキ来ましたけど。DTとのトークもなかなかハマっていた。

中心メンバーでボーカルの岩下の風貌がなかなかよろしい。松ちゃんに的確なツッコミをされていたが。

あと、シンセの平沢あくびもちょうどいいイマドキの小悪魔加減。

こんなんどうでしょ?


ニガミ17才 / ただし、BGM

ただし、BGM

ただし、BGM

  • ニガミ17才
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ニガミ17才b

ニガミ17才b

 

霜降り明星のオールナイトニッポンゼロ

世代的には鶴光、タモリの時代から始まってたけしの頃がオールナイトニッポンを聴いていた絶頂期。

その後は自分の部屋にテレビを入れたせいもあり、テレビっ子の自分としてはAMの深夜放送はあまり聴かなくなりラジオはFMへ聴取傾向が移った。

よってとんねるずウンナン、ひいてはナイナイやくりぃむの頃のANNはほぼ素通りしてきた。

そんな自分が霜降り明星に興味を持って、この4月から始まった金曜深夜3時~5時の時間帯のオールナイトニッポンZEROを聴き始めたら止まらない。

radikoのタイムフリーを利用しての翌日以降の聴取ではあるが、2時間まるまる聞き続けて半年経った。

前半はフリートークで超売れっ子になった多忙の日々をおもしろおかしく語る。粗品せいやのバランスがとてもいい。一見反対のように見える粗品の粗雑さとせいやの繊細さがにじみ出る。それでいて粗品が繊細でせいやが粗雑な場面も演出する。

二人共がかなりのお笑いマニアであり、お笑いを語らせたらそれぞれが止まらなく、それだけでも好き者にはたまらない。

よく考えたら二人は完全に自分の子ども世代で、話題が自分と合わないようで合う。二人がやってきたゲームや読んできたマンガや見てきたテレビは自分の娘たちが通ってきたものとほぼ一致しており、間接的に自分とも一致するのである。

さらにせいやはアグネスチャンのファンであることからもわかる通り古い話題にも強く、自分の世代そのものの芸能にも詳しいことが話を聞いていて心地よいことの一因であるかもしれない。

後半はハガキ職人が活躍するいくつかのコーナーが続くのだが、どれもクオリティが高い。これもせいやのモノマネの才能であったりネタの租借力であったり、粗品の切り取り方であったりが優れていることにも寄っている。

週明けの通勤の行き帰りでだいたい聴き通してしまうのだが、電車の中でニヤニヤしてるんじゃないかと不安である。

このクオリティの番組がゼロという超深夜枠でもったいないように思うのだが、一軍枠は埋まっているようだし、来春以降果たしてどうなるか。

今はradiko等、好きなときに聴くことの出来るツールが沢山あるのでリスナーとしては無問題であるのだが、親世代の自分としては多忙を極める彼らの身体を気遣うものであるw。

https://www.allnightnippon.com/wp/assets/uploads/2019/08/annz_shimofuri.jpg

拉ノ刻15周年

名古屋市営地下鉄本陣駅から徒歩5分ほど(中村日赤駅からもほぼおなじくらい)の立地にあるらーめん専門店拉ノ刻がこの9月で創業15周年を迎えた。

f:id:eleking:20190930180913j:image

1年もたないどころか2~3ヶ月で閉店という例もままあるこのラーメン業界の中に於いて3年続けばまず立派と考えているが、その5倍の15年を迎えたことは誠にめでたいし希有なことである。

とはいえ、もう15年も経ったのか、というのも率直な個人的感想であり、自分が‘ら巡り’を始めて5年ぐらい経った頃の話でもあるのでまだ記憶に新しい。

拉ノ刻はいまや多彩な限定を矢継ぎ早に繰り出すお店でもあるのだが、好来系のお店としてその歴史をスタートさせている。

好来系とは楓彰氏が昭和30年代に屋台からスタートさせた好来というお店の出身の一群のお店の総称およびそのお店群が提供する薬膳らーめんと呼ばれるラーメンの呼称だ。

鶏ガラ、豚骨、野菜にムロアジ等をベースにしたスープはあっさりながらも独特で、食べ慣れないと物足りなさを感じるかもしれない。

そこに太めの麺と太いメンマ、巻チャーシュー4枚というのが基本形。

さらにトッピング等のグレードで松、竹、梅と呼び分けられるメニュー名や、卓上調味料アイテム(胡椒、ラー油、ガーリックパウダー、高麗人参酢)、金ざるを4つに区切った麺茹でざる、前払いの食券札、等々、独特のアイテムやシステムが特徴なのだが、長年の間に今やこの辺りはすっかり店によって変容しつつある。

2000年代初めぐらいの時点では10店舗超ぐらいのお店が存在し、それぞれがそこそこ長い間営業を重ねていたのだが、一時引退していたかのようにみえた創業者の楓氏が、好来に復帰して好来道場と改称(それまで好来を任されていた方は本山で太陽を創業)する前後あたりに、さらにたくさん暖簾分けのお店が増えたという印象がある。

拉ノ刻はその先陣を切るあたりの2004年9月オープンであった。修行は2~3ヶ月程度だったと聞くが、楓氏やそのお弟子さんから直接学んだ直系である。

修行は辛かった、と店主の田中氏は語る(笑)。

オーソドックスな好来系らーめんの提供からスタートした拉ノ刻だが、その翌年の夏にはおやっと思うメニューを提供する。

今に至るまでの夏の定番メニュー「快涼麺」である。

当時はまだこの地方では冷たいラーメンといえば冷やし中華系のそれが出てくる確率が多かった時代であるが、その時点で冷たいスープにオクラのジュレや凍らせたプチトマトをのせた創作味の強いメニューを出してきて驚かされた。しかも美味しい。

快涼麺(2017年ver.)

快涼麺(2017年ver.)

さらには、基本の好来系も醤油、塩、味噌の三味を揃え、つけ麺や台湾等も提供。イカ墨ワンタン麺などという限定メニューも出したり、他の好来系とは一線を画す存在になっていった。

岐阜に支店を出したりしていたのもこの頃か。

実は個人的にはこの時期辺りは足が遠のいていた。特に具体的な理由はないのだが、個人的な居住地からはかなり距離があったというのが一番大きいかな。

だが、今から5年前、久々に訪れて「濃厚鶏白湯」を食べてグッと惹きつけられ、一層興味が湧いた。個人的には鶏白湯はあまり得意でない方だったのだが、かなり美味しいと感じたし、この鶏白湯は積極的に食べたいと思った。

その翌年あたりから煮干しを扱った限定を連発するようになり、それはやがて毎月21日に「煮干しの日」として定着する。

毎回違った趣向でいろんな煮干しを使った限定を提供するので、通わざるを得ない。住んでる所から遠いなどと言ってはいられなくなってしまった。

またそのネーミングセンスもなかなかイカしていた。「イカす恋煮干しつけ麺」「もっと危険な恋煮干し」「汚れのない恋煮干し」「ツンデレ恋煮干し」「ラブリアの恋煮干し〜思い出のアモーレ〜」「大人のビターな淡い恋煮干し」「鯉に焦がれた恋煮干し」等々。

ツンデレ恋煮干しラーメン塩

ツンデレ恋煮干しラーメン塩

店主の飄々としたキャラもありお店の居心地もよく、煮干しの日以外でも限定を挟み込んで来られたりすると月に何度も通う羽目になった。

煮干しの日は昨年からカレーの日となり継続中である。各種スパイスを使用する本格的なカレーを毎回作り出しており、カレーの日前後は店頭からスパイシーな香りが漂う。

そればかりか「らーめん専門店」と謳っておきながら、そのカレーを利用したカレーライスも頻繁に提供されるようになった。「ウチはラーメンしか出さないよ」と腕組みをするコワイ店主とは一線を画する柔軟性(一時はソフトクリームも提供していたっけ)が魅力でもある。

この9月は15周年イベントをいくつか行った。毎年周年イベントとは無縁だったが、やはりひとつの節目を感じたのであろう。

いくつかの限定が提供され、そして締めくくりにこの日曜日夜、普段は休業であるが、「呑ノ刻」として、ラーメンの提供なしでおつまみと酒類の提供だけでわいわいやりましょうということのようだった。

普段からこのお店を愛する常連さんが多数参加されるだろうし、遠慮しておこうかな、と思っていたのだが、ラーメン仲間から誘われ寄ってみることにした。

ガランドゥとも称された事もあったガラガラの店内に先客は2名で拍子抜け。この店は行列をなすこともままあるのに、こういう時もあるのでなかなか侮れない(どっちに?)

f:id:eleking:20190930180722j:image

特別に用意されたつまみを頼んで、15周年を祝して乾杯するうちにひとりふたりと常連客のみなさんがやってきて、そうこうするうちにまずまずの盛況ぶり。

らーめんの提供はないのだが、インスタントラーメンがいくつか用意されており、それをお店の丼で店主の調理で食すると美味しさがプラスされるようでなんだか有り難みを感じるのが面白い。

ゆるーい空間にみなさん居心地が良さそうだった。

f:id:eleking:20190930180708j:image

連発されるどれも魅力的な限定に心動かされる昨今だが、基本の好来系らーめんは最近リニューアルされてさらに美味しくなった。いや、びっくりするぐらい美味しくなった。好来系にあるまじき無化調化は既にいつか果たされている。

f:id:eleking:20190930182021j:image

 好来系は薬膳ラーメンと称されるが、その実、あまり根拠はないらしい。高麗人参酢が置かれていたりすることでそのイメージが定着してしまっているのだが。

しかし田中店主は自分なりの解釈で「身体に良いらーめん」を好来系に読み取り、それを具体的に実現しようとしている。無化調とかもその一端であろう。

これからも長く楽しめる美味しいらーめんを提供し続けて頂きたい。

改めて15周年おめでとうございます。

f:id:eleking:20190930180536j:image
らーめん専門店 拉ノ刻
名古屋市中村区上ノ宮町2-30-1 サンシャイン本陣1F
11:30-13:45,18:00-22:00(水金土-24:00)
日曜11:00-15:00

名古屋SFシンポジウム2019、無事終了。

名古屋SFシンポジウム2019、つつがなく終了。

三本のパネルと即売会、そして懇親会と懇親会二次会すべて終了してさきほど帰宅。

詳細はまた後日、触れるかもしれないけど、取り急ぎの感想としては成熟したいいイベントになってきたなあ、というもの。

参加者も県外の方も多数含めて100名程かな。

スタッフも阿吽の呼吸で各自が必要最小限の動きで効率的に運営できている。

とはいえ、もちろん登壇者の準備は入念なもので大変な労力である。

その充実した内容のパネルが無料で気軽に聴けるってのは全国的にもなかなか例を見ないのではないか。

これはひとえに椙山女学園大学のプログラムのおかげである。名古屋SFシンポジウムは椙山女学園大学の「大学活性化経費によるプログラム」を活用して成り立っているイベントなのである。
場所を提供して頂ける上に、ゲストへの御礼(大変僅かで恐縮ですが)もちゃんと出してもらえる仕組みになっているのだ。
スタッフは手弁当だが、これは好きでやってるので無問題。

しかしこの名古屋SFシンポジウム、来年はお休みになることが正式に発表された。
来年は同時期に「ミステリ」の大がかりなイベントがこのプログラムを利用して行われる予定となっている。内容はまだマル秘であるが、これまた全国的にも例をみないなかなか豪華な内容になるようである。

その次の年、スタッフの気力が残っていれば、また名古屋SFシンポジウムが行われるかもしれない。参加者の皆さん、その時にまたお会いしましょう。